社会福祉士になる

社会福祉士とは、社会福祉士及び介護福祉士法で位置づけられた国家資格です。
身体や精神上に障がいを持つ方のために、日常生活における助言や指導を行います。
福祉や医療の重要な役割を担っており、高度な技術と知識が必要となります。
社会福祉士として働く人の多くは、社会福祉施設や地域包括支援センターなどで業務にあたっています。
業務内容としては、在宅や施設で生活している方に相談や援助を行います。
その過程で、その人に合った支援サービスの紹介や、助言を行うのです。
利用者一人一人、抱える問題は違ってきます。
そのため、利用者の心を見抜く力や、心をケアする高度な技術が求められます。
福祉社会と言われる日本において、社会福祉士は需要が高まっています。
社会福祉士になるためには、社会福祉士国家試験に合格する必要があります。
そして、この国家試験を受けるためには受験資格が必要なのです。
以下いずれかの要件に該当していることです。
一つ目は、福祉系の4年制大学卒業者であることです。
二つ目は、社会福祉士指定養成施設の卒業者であることです。
三つ目は、社会福祉事務所で4年以上の実務経験があることです。
また、これに加えて社会福祉士養成施設で6カ月以上の養成課程の修得が必要となります。
最後に、社会福祉主事の養成機関卒業後、相談援助業務を2年以上経験します。
その後、短期養成施設等での6カ月以上の養成課程の修得が必要となります。
最近では、福祉の学校が人気を集めています。
学校探しから始めることも、資格取得への第一歩です。

需要について

 高齢化が進む現代において、身体上、精神上の障害、高齢者の方、福祉サービスを必要としている方々の相談に応じ、助言、指導などを他の医療機関や介護の関係者と協力しながら福祉サービスを受けられるよう援助し、相談者を支えていく仕事が社会福祉士です。
各種福祉施設、他の医療機関・医療専門職との調整など、行政機関から民間企業まで幅広く活躍できます。
 社会福祉士は国家資格です。
資格を取得するには国家試験に合格しなければなりません。
そして、国家試験を受けるには定められた条件をクリアしなければいけません。
受験資格を得る為には、福祉系大学(4年)で指定科目を履修し卒業するか、専門学校(短期、一般養成施設)を卒業する方法があります。
社会人であれば、働きながら学校に通うのはとても大変です。
夜間学校という方法もありますが、通信制の大学という選択肢もあります。
通学と同様に卒業と同時に大学卒業資格が取得でき、受験資格も取得できます。
自宅で学習できて、短期のスクリーニングで必要な分の単位取得、卒業できるので仕事をしている人には受講しやすくなっています。
 今後、高齢化が進むことが予測される日本では、今よりも在宅ケアサービスや有料老人ホームの増加が予想されますが、人口が減少している現代では有資格者が不足気味だと考えられます。
社会的な評価と需要は高まっていますが、社会福祉士には経験や知識も必要となってきますので、初めは利用者の立場を理解する為、介護を経験してから社会福祉士として活動してみるのもいいかもしれません。

オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年7月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031